0485737777

口腔外科

Oral Surgery

口腔外科とは

口腔外科では、歯やお口の外科に関する治療を行います。親知らずや状態が悪く保存が難しい歯の抜歯、炎症性疾患や顎関節症、顎顔面外傷、歯の移植や下の痛みなどの幅広い治療や手術に対応しております。お口の中で気になる症状や違和感は放置せず、当クリニックにできるだけ早くご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずとは

親知らずは個人差がありますが、10代後半から20代前半ごろにかけて生えてくる第3大臼歯です。上下4本ありますが、きちんと真っ直ぐ生えている方は少ないといわれております。その理由は現代人の顎は細く、親知らずが生えるための十分なスペースがないからです。斜めに生えたり、前方の歯に傾くように生えたりします。生えずに横向きのまま埋まっていることも多く、虫歯や歯ぐきの炎症などのさまざまなトラブルを引き起こす原因になる恐れがあるのです。

親知らずを抜歯する必要性について

虫歯もなく正常に生えていれば抜歯する必要がありません。しかし親知らずが原因でお口の中にトラブルが起きる症例がほとんどです。歯肉に埋まったまま炎症を引き起こしていたり、隣の歯との間に虫歯ができていたりする場合は、抜歯をおすすめしております。症例によっては当クリニックではなく、より専門的な処置が可能な大学病院などの医療機関を紹介させていただきます。

親知らずが正常に生えないことによるトラブル

日本人のアゴは細く、親知らずが十分に生えるためのスペースがない方がほとんどです。そのため、親知らずが斜めに生えたり生えきらなかったりなど、さまざまなトラブルを引き起こします。さらに奥歯のさらに奥に歯が生えており、磨き残しによって虫歯のリスクも高いと考えられています。

親知らずが虫歯になる

親知らずの前の歯が
虫歯や歯周病になる

歯並びが悪くなる

腫れて痛む

顎関節症の治療

顎関節症とは

「口を開けるとアゴが痛む」「口を開けにくい」「こめかみのあたりからカクカクと音が鳴る」などの症状は、顎関節症の疑いがあります。
顎関節症は決して珍しくはなく、アゴ周りの筋肉や関節などによって誰にでも発症する可能性がある病気です。顎関節症はさまざまな治療方法がありますが、当クリニックでは検査や実際の口の動きなどを参考に、一人ひとりの患者さんの症例に合わせた治療を大切にしております。

顎関節症の症状

顎関節症の原因は、アゴの関節を構成する骨や筋肉、靭帯などのバランスが崩れるなど、さまざまな要因が絡み合って引き起こされます。
以下のような症状がある場合は、顎関節症の疑いがあります。

  • 1
    口を開けようとすると痛い

    顎関節症の患者さんのなかでも、口を開けるとこめかみや頬に生じる痛みは非常に多いお悩みです。痛みを感じる瞬間は、口を開けた時や食べ物を噛む時が多く、指で押すと痛みを感じる方もいらっしゃいます。
    一方、平常時には痛みなどの症状は現れず、何かの動作と連動して痛みが現れているケースがほとんどです。

  • 2
    あごを動かすときに音がする

    「口を開けるとカクカクと音が鳴る」という症状は、顎関節症の患者さんに多くいらっしゃいます。しかし、顎関節症でなくても口を開けると顎関節から音が鳴るときもあり、当クリニックでは精密検査を通じて、患者さんが顎関節症かどうかを診断していきます。

  • 3
    急にかみ合わせが変化した

    顎関節や筋肉に問題が生じると、かみ合わせが微妙に変化するケースがあります。治療でかみ合わせのバランスを整えると、症状の改善が期待できる一方、かみ合わせの変化はなく、患者さん自身の思い過ごしである可能性もなかにはあります。

主な治療法

重症化している症例では外科手術が必要になりますが、ほとんどの場合は以下のような治療方法で顎関節症の改善をめざしていきます。

セルフケア

顎関節症の原因は、歯ぎしりや食いしばり、姿勢の悪さや過度なストレスなど様々ですが、その多くが日々の生活習慣によって引き起こされています。今の生活のままでは症状の改善は難しく、悪化する可能性もあります。治療を通じてセルフケア(自己管理)ができるようになり、症状の改善や完治を一緒にめざしていきましょう。

認知行動療法

歯ぎしりや食いしばり、姿勢の悪さなどの生活習慣は顎関節症を引き起こす原因であることを認識し、行動の改善を意識してもらう治療方法が認知行動療法です。患者さんが無意識だったクセを見つけ出し、クセを出さないように意識していただきます。治療自体は非常にシンプルですが、顎関節症の改善に効果的です。

薬物療法

症状に合わせて、消炎鎮痛剤や筋緊張緩和剤、精神安定剤などを使用し、顎関節症が原因で引き起こされている炎症や痛みの改善をめざします。

スプリント療法

スプリントと呼ばれる透明のマウスピースを装着します。上下の歯の接触を変化させ、顎の筋肉活動を強制的に減らします。歯ぎしりや食いしばりによって顎関節にかかっていた負担を軽減させ、症状の緩和が期待できるのです。