0485737777

一般歯科

General

虫歯治療について

日本人の歯を失う原因2位が「虫歯」です。虫歯になるメカニズムを良く知り、虫歯を予防することが第一です。ですが虫歯になってしまった場合には早期に治療することをおすすめします。また、再発防止が大切です。一度削ってしまった歯は治療してももとどおりにはなりません。削った部分に人工物を詰めたり被せたりしますので、再治療を繰り返していくと、やがて歯を失うことになってしまいます。定期的に歯科医院で検査をすることをおすすめします。

虫歯の進行段階と治療法

  • C0【初期虫歯】

    歯の表面にあるエナメル質がわずかに溶け始めています。歯が白く濁ったように見えますが穴も開いておらず、自覚症状もありません。

    治療法

    歯を削らなくても、フッ素塗布や正しい歯磨きを継続すると治る可能性があります。

  • C1【エナメル質の虫歯】

    エナメル質がさらに溶け、歯に穴が開いて黒ずんでいる状態ですが、ほとんどの場合で自覚症状はまだありません。

    治療法

    虫歯部分だけを削り取り、歯科用プラスチックのレジンを詰めて治療します。

  • C2【象牙質に達した虫歯】

    エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行しています。神経に近く、冷たい飲み物や甘いお菓子を食べると、歯がしみる知覚過敏の状態になっているケースもあります。

    治療法

    虫歯を削りレジンを詰めます。虫歯が大きい場合は被せ物の製作が必要です。

  • C3【神経に達した虫歯】

    虫歯が歯の神経に達しており、強烈な痛みや熱い食べ物や飲み物がしみるようになります。悪化すると神経が壊死すると痛みはほとんど感じませんが、虫歯がさらに進行する恐れがあります。

    治療法

    汚染された神経を除去(抜髄)し、神経が集まっている細い管(根管)の内部を清掃して殺菌・消毒し、薬剤を詰める根管治療を行います。根管が清潔になったら、製作した被せ物を取り付けて歯の機能を回復させます。

  • C4【歯根に達した虫歯】

    虫歯によって歯のほとんどが溶かされており、歯根にまで虫歯が達しています。神経はすでに壊死していることが多く痛みは感じませんが、膿が溜まっていると痛みや口臭の原因になります。

    治療法

    ほとんどの症例で抜歯が必要です。抜歯後は失われた歯の代わりとして、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療方法をご案内しております。

歯周病治療について

日本人の歯を失う原因1位は「歯周病」です。歯周病は「沈黙の病気」ともいわれ、自分自身では気付かないうちに進行し、歯を支える骨が失われていき、最後には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。最近は、脳・心臓疾患、腎臓病、糖尿病、早産、誤嚥性肺炎などとの関りについても明らかになってきています。日頃から歯科医院を受診し、検査を受けることをおすすめします。

歯周病の進行段階と治療法

  • 歯肉炎

    歯周病の初期段階である歯肉炎は、歯肉が赤く腫れたり先が丸く膨らんだりしますが、自覚症状がほとんど現れず、さらに悪化して歯周病を発症する方がほとんどです。

    治療法

    毎日の丁寧なブラッシングで改善も期待できますが、歯石が付着している場合は細菌の温床になります。歯科クリニックに来院していただき、歯石除去や歯のクリーニング(PMTC)の受診をするようにしましょう。

  • 軽度歯周病

    歯肉炎が悪化すると歯周ポケットが深くなり、深さ3mmを超えると歯周病といわれております。炎症で歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシングで出血するときもあります。しかし、痛みは比較的少なく、症状を見過ごしてしまう方も多くいらっしゃいます。

    治療法

    歯の表面や歯周ポケットの内部に付着した歯垢や歯石は、専用の器具を使用するスケーリングという方法で丁寧に取り除きます。その後はブラッシング指導を行い、ご自宅でもセルフケアを実践できるようにサポートいたします。

  • 中度歯周病

    歯を支えている歯槽骨が半分ほど溶かされており、歯がグラグラと動くときもあります。中度歯周病でも痛みを感じないこともありますが、さらなる悪化を防ぐためにも、治療にできるだけ早く取り組みましょう。

    治療法

    歯周ポケットが深く、歯の根にまで歯石が付着している場合は、通常のスケーリングに加えてルートプレーニングという処置が必要です。歯肉の一部を剥離して歯石を取り除き、歯周ポケットの改善をめざします。

  • 重度歯周病

    重度の歯周病は歯槽骨の3分の2以上が溶けてしまい、そのままでは歯が自然と抜け落ちてしまう恐れがあります。歯肉も衰え、歯が長くなったように感じる方もいらっしゃいます。

    治療法

    歯石除去でも改善が見られない場合は、フラップ手術という外科処置が必要です。歯ぐきの一部を切開し、歯根に付着した歯石を取り除きます。手術でも改善しない場合は、抜歯も検討いたします。

根管治療について

虫歯が歯の神経に達してしまうと、歯を残すためには根管治療(歯の神経をとり、消毒し、封鎖する治療)を行う必要がでてきます。

根管の内部は根の先が細かく枝分かれしていたり、複雑に入り組んでいたりなど、患者さんによって形状や本数が異なります。治療は複数回にわたって時間をかけて行い、精密さが特に求められています。抜歯をできるだけ避けるには、ご自身の歯を残せる根管治療が重要です。

根管治療の流れ

  • Step01

    診断

    レントゲン撮影から根の状態や形を明らかにし、現状の問題点を調べます。診断結果や根管治療に関する内容は、患者さんにわかりやすくご説明いたします。

  • Step02

    根管の清掃

    細菌に感染した神経(歯髄)を専用の器具で取り除きます。根管の内部や周囲を清掃し、繁殖した細菌量を減らしていきます。

  • Step03

    薬剤で殺菌

    薬剤を用いて根管洗浄を行い、清掃時に取り切れなかった細菌を徹底的に除去し、治療後の再感染を防ぎます。

  • Step04

    消毒薬を詰めて仮封

    消毒薬を詰めた後は、仮の封をして細菌の新たな侵入を防ぎます。仮封セメントはセメント材の質にこだわり、適切な厚みをもたせて外部からの影響を受けにくい状態を作ります。

  • Step05

    根管充填

    十分な殺菌ができたことを確認し、ガッタバーチャと呼ばれる樹脂製の詰め物を詰めます。症例によっては、MTAセメントという特殊なセメント材を用いるケースもあります。

  • Step06

    土台と被せ物

    根管の密封が完了した後は被せ物を支える土台を作り、周囲の歯とのバランスを考えて作られた被せ物を取り付けます。歯と被せ物の間に隙間が生まれないように、精度には特にこだわった治療を大切にしております。

症状を悪化させないためには日々の予防が大切です

根管治療は非常に精密な治療となり、完治までは何回も歯科医院に通う必要があります。
そうならないためにも日頃からの予防が大切になります。

当クリニックでできる予防メニュー

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯磨きでは取り除けない着色汚れや歯石などを、専用の機材を組み合わせながら治療で使用する歯のクリーニングです。歯ぐきが傷つく心配もほとんどなく、治療後は細菌が付着しにくい状態を維持できます。

歯石除去・着色除去

歯の着色はタバコの他、珈琲や麦茶、赤ワインなど様々な要因があり、それを除去します。また、歯に色がつく原因は着色だけじゃなく虫歯の場合もあるのでそういった場合は早めにご相談ください。

Meritメリット

  • 歯の着色成分も同時に落とすことができる
  • 口腔内の細菌量を減らし、細菌が付きにくい状態を維持する
  • 虫歯や歯周病リスクの軽減

Demeritデメリット

  • PMTCは自由診療のため、保険が適用できません
  • お口の汚れが全体的にある場合、クリーニングするのに時間がかかる場合があります
料金 9,680円(税込)

オーラルリフレクソロジー

オーラルリフレクソロジーとは、オールハンドで行うお顔のマッサージです。口の中のツボを優しく刺激し、ほうれい線やむくみの改善、緊張した表情筋を緩めるなどの効果が期待できます。お化粧を落とす必要もなく、どなたでも気軽に受けていただける施術です。

口腔内マッサージ

唾液にはお口の中を潤滑すること、咀嚼する事で味わう役割があります。口腔内のマッサージをする事で、唾液の分泌をよくして口の中の状態をよくします。また、マッサージはリラックスできるので途中でウトウトとする方もしばしば…。

Meritメリット

  • 施術後は口のコリが改善され爽快感を得やすい
  • ほうれい線やむくみの改善、小顔効果などが期待できる
  • 歯ぐきの腫れや色味を健康的に

Demeritデメリット

  • 効果を維持するには継続した施術が必要
  • 自費診療である
  • 施術の効果には個人差がある
料金(30分) 4,840円(税込)